女将EIKOのおみせばん小話

黒たばこ…



みなさまこんばんは^^ ちょっとご無沙汰でしたおみせばん日記。 
私のブログを楽しみにしてくださっているという皆様、
ブログランキングにご協力クリックしていただいている皆様、いつもありがとうございます

街中はすっかりクリスマスムードですね!
お風邪などお召しになりませんように

さて、本日お客様とお話していて、「黒たばこ」が話題になりました。
初耳の方も、よ~くご存じの方もいらっしゃると思います。
知名度の高い銘柄として、フランス製の「ジタン」や「ゴロワーズ」が有名です。
ジタンはルパン三世が吸っているということでも人気があります
実は「黒たばこ」という言葉には いろんな解釈があって…そしてあいまいで…
私もネットで調べているうちに混乱しそうになりました

そこで、たばこの事典をひっぱりだして調べたり、
輸入卸業者さんや、頼りになるたばこ屋さんにお伺いしたところ
以下のまとめが順当かと思われます
絶対的な定義がない…のはちょっと不思議ですが
お伺いした担当の方々、どうもありがとうございました

黒たばこ
black tobacco,dark tobacco
大きく分けて2種類の解釈があり、「ダークシガレット」とも呼ばれます。

「ヨーロピアンブレンド」というシガレットブレンドの分類のひとつ。
昔からヨーロッパ圏で人気の高いブレンド。
蒸気処理、加熱処理、発酵、燻煙などの処理を行って暗褐色や黒褐色の特徴ある充実した香味を持たせた半製品。
つまりたばこ葉を熟成・発酵などさせて黒っぽく加工された「葉」の総称を言うみたいです。
こちらが従来の黒たばこの解釈と言って良いかと思います。
もとになる葉は、○○葉、△△葉…とか、決まっているわけではないようです。
この加工を施したことで、独特の香りがすることには間違いないですが

たとえば…この説明に該当する商品は
以下、いずれもフランス製です。

ゴロワーズ カポラル(ノンフィルター) 
ゴロワーズ レジェール
ジタン カポラル

※カポラルと称するものは無加香 

明るい色の葉たばこに対比して呼ばれる呼び方
この場合、葉の加工方法ではなくて、色だけで「黒」と呼んでいる様子。

この説明に該当する商品は
以下、いずれもキューバ製です。
葉巻の余り葉を使用して作られた商品、ということで葉巻用の葉たばこを使用しております。

コイーバ シガレット
ロメオYジュリエッタ シガレット 

参考文献 ㈶たばこ総合研究センター編『たばこの事典』(2009)

上記は、一応シガレットに限って説明させていただきました。
広義では、ラタキア葉やぺリク葉も含まれるようですが
こちらの話題はまた今度書きますね!

いやぁ…疑問がわくと解決するまでモヤモヤしてしまう私
調べるきっかけを下さったお客様!ありがとうございました!!

ご意見等ございましたら、ご遠慮なくコメントを頂戴できれば幸いです。

このたび黒たばこの説明に触れた皆様!
ぜひ一度どんなものかお試しになってみてください
どれも本格派でコクを感じることは間違いナシです!

以下、2つのブログランキングサイトに登録しました!
↓ ↓ ↓ よろしければどちらもワンクリックをお願いいたします

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/25 (Mon) 20:58 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)