女将EIKOのおみせばん小話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月13日は「たばこの日」(ピース記念日)♪

皆様こんにちは

寒い日が続いておりますがお元気ですか?

実は、明日1月13日は「たばこの日」なんです!!
ピース発売記念日です

国民に愛されている代表的なブランド「ピース」が発売されたのが
1946(昭和21)年の1月13日

発売当初、他のたばこは4円に対し、ピースは10本で7円と、高級品として生まれました
数量制限のある販売だったようですが、東京・有楽町の売店では長蛇の列ができ、
1000箱が1時間で売り切れたといわれているほどの人気でした。

戦後の混乱期で粗悪品や輸入の闇物品が横行する中、
日本製たばこの威信をかけて開発されたブランドで、
戦後の混乱時代に来るべき平和な時代への願いをこめて「ピース」と名づけられました。

発売時のピースがコチラ
ピース1

おなじみのデザインになったのは、1952(昭和27)年です。
ピース2

デザイナーは、“商業デザインの父”といわれるレイモンド・ローウィ氏。
シンボルマークの“オリーブをくわえた鳩”は、神話“ノアの箱舟”に登場する
鳩をモチーフにデザインしたもので、夢と希望、平和への願いがこめられています。

以下は、ローウィ氏の作った試作品のピース。
ピース原盤

誕生以来、ピースブランドがこだわってきたのが「香りのよさ」
香りさの高さを支えているのが「バージニア葉」です
世界中で栽培されているバージニア葉の中で、その年の特に良いものだけを買い付け、
ウイスキーのブレンダーのように“ピース専任のブレンダー”によって
毎年同じ香り、同じ味のピースを作っています

現在のピースファミリーはコチラ
ピースファミリー

実は、来月上旬、このピースファミリーに仲間が増えます
すでに記者発表もございましたので、新聞等でご覧になった方も多いかと思います

香り立つ、ピース史上最高傑作
「The Peace(ザ・ピース)」
20本入1000円。

0300386_02.jpg
全国の対面式のたばこ販売店・約3500店での発売だそうです
当店には、すでにサンプルも到着しておりますので、
ご興味のある方はEIKOまでお声をかけてくださいね

「The Peace」についてのJTページ
http://www.jti.co.jp/investors/press_releases/2012/0111_01/index.html

今回の記事を書くにあたって参考にさせていただいたのは
『たばこストーリー』(JT)※非売品ですが店頭にございます
『たばこパッケージクロニクル』(イカロス出版)

ワンクリックお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・葉巻・タバコへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。